ネットプロが提供するDynamics 365 Business Central

活用術

応対記録(CRM)

Dynamics 365 Business Centralでは、連絡先やセグメントとの全てのやりとりやコミュニケーションを記録して過去の応対履歴を記録し、共有することができます。
CRMとして営業効率向上顧客満足度向上に活用いただけます。

応対記録には手動記録自動記録の2種類があります。
手動記録は[担当者]・[連絡先]・[営業案件]・[ジョブ]・[見積]・[注文]画面などから、[応対作成]ボタンをクリックして、やりとりした応対記録を手動で入力することができます。
自動記録はDynamics 365 Business Centralに関連する動作を行った際に、自動的に記録する機能です。自動記録できる主なケースは下記のようなものがあります。
・電子メールの送信
・電話の発着信
・販売見積書・受注書・請求書の印刷
・仕入見積書・発注書・請求書の印刷
・アフターサービスの注文

自動記録を行うには[応対テンプレートの設定]画面でそれぞれの応対テンプレートを指定します。

応対記録機能は、お客様とのやりとりを効率的に行うための強力なツールです。
自動記録機能が秀逸で入力の手間がかからい点はMicrosoftならではのお気に入りの機能です。